巡らせよう、山林エコノミクス

日本の国土の約7割を占める山林。
そこにある木々は、地域に澄んだ水や食物をもたらし、私たちの燃料となり、住まいや家具となってきました。
なのにいつしか、その循環の環が断ち切られ、私たちは暮らしに必要なエネルギーや建築材を 遠い国々から高いコストで買うことに疑問を抱かなくなっています。
私たちはもう一度、林業のチカラで、山林の恵みを地域にぐるぐる巡らせたい。
それは、この先の豊かさを見つめた地域経済のはじまりです。

pagetop